品質万全、格安・迅速発送、海外の優れたサプリメント、個人輸入代行


LINE ID:kusuri-daikou
メールが届かない方は、LINEで、ご連絡ください。




RECOMMEND

睡眠薬個人輸入は誰におすすめ?
不眠で悩んでいるという人はたくさんいますが、実際に病院に行って受診することに抵抗 があったり、仕事がなかなか休めずに病院に行けないという人は少なくありません。また 、ネットなどで見つけた海外の睡眠薬が口コミなどで評判だから、不眠で困っている自分 も試してみたいな、という人もたくさんいます。睡眠薬個人輸入を利用すれば、国内では 販売されていないような海外の睡眠薬でも、ネットショップを利用する感覚で気軽に購入 出来ますし、国内で販売されている睡眠薬と同じ商品でも、価格的にリーズナブルなもの を見つけることが可能です。そういう点では、睡眠薬個人輸入は不眠で悩んでいる人なら 、すでに睡眠薬を服用している人はもちろん、これから服用してみようかなと考えている 人まで、幅広い人におすすめと言えるでしょう。
睡眠薬個人輸入できる睡眠薬の多くは、海外に行けばドラッグストアなどで市販されてい て、誰でも購入できるような商品ばかりです。睡眠薬個人輸入がなければ、その商品が欲 しい人はわざわざ海外旅行に出かけて購入しなければいけません。コスト的にも時間的に も、そして手間という面でも面倒なものです。しかし睡眠薬個人輸入のサービスを利用す ることによって、時間もコストも手間も大幅に節約することができます。この点は、個人 輸入を利用する最大のメリットと言えるのではないでしょうか。
さらに、個人輸入を利用すると、日本では手に入らないような睡眠薬でも購入できます。 実際に日本国内で睡眠薬を使っている人でも、自分の体質と相性が良いからという理由で 海外ブランドの睡眠薬を服用している人はたくさんいます。これまでいろいろな睡眠薬を 使ってみたけれど、相性が良いものがなかなか見つからずに困っているという人なら、睡 眠薬個人輸入を利用して海外ブランドに目を向けてみるという方法もアリでしょう。もし かしたら、副作用などが一切出ずに睡眠の質が格段に改善され、日常生活がより充実でき る睡眠薬と出会えるかもしれません。


睡眠薬個人輸入で手に入らない睡眠薬があるって本当?
睡眠薬個人輸入を利用すると、国内のドラッグストアなどでは手に入らない海外製の睡眠 薬を購入することができます。わざわざその国までいかなくても、ネットショッピングを 利用する感覚で購入できるのですから、とても便利です。しかし、海外にはたくさんのメ ーカーが多種多様な睡眠薬を販売していて、その数は数えることができません。睡眠薬個 人輸入では、世界中で販売されているすべての種類の睡眠薬を取り扱っているわけではな いため、睡眠薬なら何でも手に入るというわけにはいきません。その点では、睡眠薬個人 輸入でも手に入らない薬はあると言えます。
また、海外では人気があってたくさんのユーザーを抱える睡眠薬でも、日本には輸入がで きない商品もいくつかあります。これは、日本政府が輸入を禁止しているためで、その理 由はずばり、法律で禁止されているからということになります。服用すること自体が法律 で禁止されているというわけではなく、依存性や副作用が強いために服用に当たっては医 師の処方が必要になるという点が、薬事法によって義務付けられているということが考え られます。例えば、服用してから10分~20分程度で眠くなるような即効性のある睡眠薬は 海外にたくさんありますが、そうした即効性のあるものは依存性が強いという傾向にあり ます。睡眠薬個人輸入などで誰でも自由に購入出来てしまうと、薬物依存のリスクが高く なってしまうため、そうした性質のある薬はきちんと医師の処方に基づいて服用しましょ う、ということなのでしょう。
また、個人輸入が禁止されている理由の一つには、犯罪などに悪用されることを防ぐとい う目的もあります。製薬メーカーの側でも、個人輸入に限らず睡眠薬の悪用を未然に防止 するために様々な取り組みを行っていて、水に溶かすと色が青くなるなどの工夫していま す。
ちなみに、こうした即効性や依存性、副作用が強い睡眠薬の睡眠薬個人輸入は全面的に禁 止となっていますが、先発薬だけではなくてジェネリックについても輸入禁止の措置が取 られています。


睡眠薬個人輸入できる薬の有効成分で日本未承認の成分とは?
睡眠薬個人輸入できる睡眠薬は、日本においては検証されていないために未承認ですが、 依存性や副作用が強く出るものは睡眠薬個人輸入においても輸入禁止となっています。そ のため、個人輸入できるものは、検証されていないので未承認でも、安全性が高く、依存 性や副作用が強すぎないものと考えることができます。そうした個人輸入では、たくさん の睡眠薬が販売されていますが、その中には日本国内では未承認となっている有効成分が いくつかあります。どれも安全面では心配ないものばかりですが、具体的にどんな成分が あるのかをご紹介しましょう。
まず、良く知られている未承認成分の一つに、ブスピロン塩酸塩があります。海外では抗 不安剤の有効成分として人気が高く、睡眠剤や睡眠導入剤などに入っている成分ですが、 日本においては取り扱いはされていません。また、アメリカやロシアでメジャーな睡眠薬 として使われているザレプロンという成分は、短時間で代謝されるので超短時間型睡眠薬 ですが、日本ではまだ未承認とされています。寝つきが悪くてなかなか入眠できない人や 、一度入眠できれば朝まで眠れるという人に適した有効成分となっています。 アメリカで抗うつ薬として開発されたドキセピンという成分も、日本では未承認です。も ともとは抗うつ剤として使われていたもので、不眠症の治療薬として使われ始めたのは 2010年からなので、睡眠薬としては比較的歴史が浅いのが特徴です。一般的には低用量処 方となっています。
睡眠薬に配合されている有効成分は、日本国内で承認されているかどうかにかかわらず、 どれも作用時間がどのぐらい続くのかとか、どんな風に作用するのかという点が異なりま す。そのため、睡眠薬個人輸入を利用して購入する場合には、その点を自分自身できちん と調べたうえで、自分が抱えている睡眠トラブルを解消できるようなメカニズムの有効成 分で選ぶことをおすすめします。また、服用前には、用量や用法を熟読して理解した上で 飲むことも大切なポイントです。


睡眠薬個人輸入を利用する際の注意点
睡眠薬個人輸入は、海外では安全性が確立されている睡眠薬を日本の自宅からネットショ ップの感覚で気軽に購入できる便利なサービスです。日本でも睡眠薬は市販されています が、睡眠薬個人輸入の場合には日本国内で市販されているものよりも作用が強いものをリ ーズナブルに購入できる位という点で、人気があります。しかし、その中には、日本の厚 生労働省が承認していない有効成分を含むものもいくつかあるので、睡眠薬個人輸入を利 用する際には、いくつか注意したいポイントを押さえておきたいものです。
1つ目の注意点としては、副作用のリスクです。服用前にきちんと用法や用量を理解した 上で服用することはとても大切ですが、体質や体調によっては思わぬ副作用が出てしまう ケースはあります。睡眠薬個人輸入の場合には、そうした副作用は自己責任となる点は理 解しておきましょう。海外で販売されている睡眠薬の中には、日本人の体に合わせて作ら れていないものが多いですし、有効成分の配合量も日本人にとっては多めになっているも のはたくさんあります。万が一、副作用が強く出てしまった場合には、直ちに病院に行っ て適切な治療を受けることをおすすめします。
2つ目の注意点としては、商品によっては本物のように見せかけた偽物が販売されている というリスクがあるという点です。これは睡眠薬個人輸入の業者をきちんと選べば問題あ りませんが、通販サイトを選ぶ際には、口コミなども参考にしながら、できるだけ信頼で きる業者を利用することが大切です。
3つ目の注意点としては、依存性や副作用が強く出るリスクがあります。明らかに依存性 や副作用が強く出ることが懸念されるような睡眠薬の場合には、厚生労働省が輸入禁止と いう措置をとっているため、実質的には睡眠薬個人輸入で購入できる睡眠薬は安全性がと ても高い薬ということになります。しかし、新しく発売されたばかりの新薬だったり、輸 入禁止となっている薬をブラックマーケット的に販売しているサイトなどをウッカリ利用 してしまうと、そうしたリスクを理解しないまま薬を服用することになってしまいます。
信頼できる睡眠薬個人輸入サイトを利用することで、こうしたリスクを最小限に抑えたい ものです。


睡眠薬個人輸入の製造国が違うのはどうして?
睡眠薬個人輸入を利用する際には、その薬が製造された国についてもしっかりとチェック したいものです。製造された国が違うからと言って薬の製造方法が違うとか、効果や効能 が変わるということはありません。先発薬も後発薬のジェネリックも、有効成分や製造方 法などは変わらないため、同じ薬品名なら同じ効果を期待することができるでしょう。し かし製造国が違うことによって、薬の製造における品質管理や衛生管理という点では、若 干国ごとに基準は異なるかもしれません。体に入れるものですから、できるだけ徹底した 品質管理や衛生管理を行われている中で製造された睡眠薬を選びたいものです。 具体的にどの国で製造されたものは安全とか、どの国は危険ということは一概には言えま せん。しかし睡眠薬個人輸入を利用する際には、そうした点も含めて安心して服用できる 睡眠薬だけを取り扱っている業者を選ぶことは大切です。
製造国が異なることによって、薬の価格が若干変わることはあります。これは、人件費な ど製造にかかるコストによって影響される要素だと言えるでしょう。先進国と呼ばれる国 で製造されたものは、人件費や設備費などが割高なので睡眠薬個人輸入を利用しても睡眠 薬の価格は比較的高めだったりしますし、東南アジア諸国のように人件費が低めの国で製 造されたものは、商品の価格もリーズナブルに抑えられたものが多くなっています。そう した点も含めて、睡眠薬選びの際には参考にしてはいかがでしょうか。
海外で製造された睡眠薬は、どれも製造された国で販売することを目的とされています。 しかし同じ商品でも、例えばオーストラリアで販売することを目的としてアメリカで製造 された薬などもあります。どの国で製造されたかによって睡眠薬の販売価格は異なります が、どの市場で販売することを目的としているかという点についても、販売価格には影響 が出るようです。そのため、少しでも睡眠薬個人輸入を安く利用するなら、東南アジア市 場での販売を目的としたものを狙えば、リーズナブルにショッピングできるかもしれませ ん。

CATEGORY

会員専用 MEMBER’S LOGIN

SHOPPING CART

商品点数:
0点
合計金額:
0円

カートを見る

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

薬の通販(個人輸入代行) コンディション21

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

プライバシーポリシー

特定商取引に関する法律に基づく表記